がんを克服|転移や再発に負けない~日々の変化をチェック~

このエントリーをはてなブックマークに追加
先生

転移と再発

先生

がんの転移や再発ということばは、良くテレビやドラマなどで耳にすることはないでしょうか。その場で再びがんとして発症した場合は再発、新たな場所に発生した場合は転移といいます。

この記事を読む

転移や再発の恐怖

がんの転移を予防するためにも必要なことをこちらのサイトで紹介していますよ。がんに関するさまざまな情報を紹介しています。

がん患者さんにNK細胞療法がおすすめの理由!こちらのサイトを閲覧すると、血医療法についての情報が満載です。

先生

私達の体は、毎日のように新しい細胞が生まれてきています。新しい細胞が生まれることによって古い細胞と入れ替わることで私達の体は毎日機能を保ち健康で動かし続けることができるのです。毎日のように生まれ変わる細胞は、遺伝子が持っている情報の命令によって様々な場所の細胞へと変化するのです。しかし、年齢が重ねることによって突然変異を起こす細胞が増えてきてしまうのです。なぜなら、若いうちに作られる細胞は遺伝子の命令を忠実に実行するためそのようなことは滅多にありません。歳と取ってくると遺伝子に傷などがついてしまい命令を忠実に実行出来ない細胞があらわれ、それが突然変異した細胞いわゆるがん細胞という細胞なのです。人の体には、防御機能と言われる免疫機能が備わっています。それらは、体を守るために日々活動しており体内で作られる突然変異した細胞の処理を行い、体の外へ排出する機能が備わっています。しかし、加齢やストレスといった様々な事が重なることで、日々生まれてくるがん細胞の1つが大きく変化し成長することで悪性腫瘍というものになってしまうのです。

がん細胞は、健康な人でも毎日数千個のがん細胞が体の中で作られ体の免疫機能によって正しく処理されていると言われています。しかし、日々の生活やストレスが原因で大きく変化してしまったがん細胞が悪性腫瘍にと変化してしまう事があるのです。がん細胞のとても怖いところは、血液やリンパにのることで全身へ移動することが可能ということなのです。血液やリンパというのは、人が生きていくために体を日々駆け巡っています。それに、悪性のがん細胞が流れに乗ることによって、肺や脳といった様々な場所に運ばれそこで根を下ろし悪性腫瘍へと大きく成長していくことがあるのです。がんの転移という言葉を多くの人が聞いたことがあることでしょう。血液やリンパの流れによって転移したがん細胞は全身に転移する可能性があるということなのです。

転移する場所によって

先生

がんの転移には、大きく分けて2種類の転移があります。治療も比較的やりやすく完治する可能性が高い局部転移と、全身転移といわれる遠隔転移の二種類があり治療法も変わってきます。

この記事を読む

再発や転移のサイン

先生

がんの転移や再発を見逃さないようにすることが大切です。がんは、悪性腫瘍を摘出してから5年間再発しないことが重要になってきます。小さな変化を見逃さないことが大切です。

この記事を読む