女性

エイジングケアにはボトックス注射がイチオシ|効果を事前にチェック

  1. ホーム
  2. ボトックスによる効果

ボトックスによる効果

顔を触る人

小顔やシワ取りに最適

ボトックスとはボツリヌス菌が出す毒素のボツリヌストキシンのことで、アセチルコリンの働きを抑制して神経から筋肉の命令をブロックしてくれます。アメリカでは40年以上前から斜視治療としてボトックスが使われていて、日本でも20年以上前から眼瞼痙攣の治療薬として承認されています。美容皮膚科でも10年以上前から使用されています。切開治療やエラ削りなどの治療に比べて、注射するだけで効果が出るので体の負担が少ないです。手頃な費用で治療をすることが出来るので人気があります。ボトックスには様々な効果があり、主な効果は3つあります。1つ目のボトックス効果は目尻や、額、眉間などのシワ取りです。加齢によって出来る固定ジワはヒアルロン酸注射でも目立たなくなりますが、表情を変える時に出来る表情ジワは筋肉を弛緩し肌を滑らかにするボトックス注射の方が効果が高いです。2つ目のボトックス効果は小顔、ふくらはぎの痩身です。顔のエラにボトックス注射をすることで、エラの筋肉の収縮を抑制しエラを小さくします。エラが小さくなった結果小顔になります。ふくらはぎのヒラメ筋にボトックス注射をすることで、太く発達していたヒラメ筋が弛緩します。3つ目のボトックス効果は多汗症の改善です。アセチルコリンの分泌を抑制することで、アポクリン腺やエクリン腺の活動を抑制します。ボトックス効果は治療後数日で効果を確認することが出来て、効果は3〜4ヶ月程度持続します。ボトックスの量や注射の位置、深さを調整することが出来るので、自分の理想の状態に近づけることが出来ます。人によってはボトックス注射の副作用が出る場合があるので、副作用が出た場合は治療を中断することが大事です。不妊治療中や妊娠中は治療を受けることが出来ないので、妊娠中の方は出産してから治療を受けましょう。ボトックス注射は様々なクリニックで行われています。それぞれを比較して自分が信頼出来るクリニックで治療を行うことが大切です。治療を行う時は自分の理想の状態はどういう状態なのかしっかりカウンセリングをしてもらいましょう。